ニキビを増やさない為には身体の内側からケアしていく事がとても大切

ニキビ対策として、高価な洗顔料や化粧水、乳液やパックなどを使用する事が大切であると考える人は沢山います。

勿論それらもニキビ対策のひとつとしては有効です。しかしニキビを作らない為に、増やさない為には身体の内側からケアしていく事がとても大切なのです。ここで、ニキビ対策に効果的な食べ物、控えた方が良い食べ物を紹介していきます。

まず、ニキビ対策にはビタミンを意識して身体に取り入れる事が重要です。ビタミンといっても、ビタミンA.B2.B6.C.Eと主に5種類ありますが、全てをバランス良く摂取する事が大切です。ビタミンを多く含む食品としては、レモンやイチゴなどの果物、小松菜やピーマンやニンジンなどの野菜、レバーや鶏肉や卵などがあげられます。

そして、腸の働きを整える役割をしてくれる食物繊維の摂取も重要です。腸内環境の悪化は、肌に必要な栄養が十分に行き届かなくなってしまいます。食物繊維を多く含む食べ物として芋類や豆類、ゴボウなどの根菜類があげられます。便秘も肌トラブルの原因となるので、しっかりと日頃から自分の腸内環境を整える事を心がける事が美肌へと繋がります。

そして腸内環境を整えるといえば乳酸菌も欠かせません。ヨーグルトや、納豆・キムチなどの発酵食品も効果的です。ここまではニキビ対策に効果的な食べ物をあげてきましたが、ここからはなるべく控えた方が良い食べ物を紹介していきます。

やはりニキビの大敵は”糖分”です。ケーキやチョコレートなど甘いものを食べ過ぎてしまうとそれは肌荒れに繋がってしまいます。糖分は体内で分解される際にビタミンを大量に消費します。

そして皮脂が過剰に分泌され、毛穴詰まりが起きやすい状況になってしまいニキビへと繋がります。糖分を多く含むものとして甘い物ばかりが連想されるかもしれませんが、アルコール類も多くの糖分が含まれているので飲み過ぎには注意です。

これらのように今一度自分自身の食生活を振り返り、身体の内側からニキビ対策を行うことによって、その場しのぎでのニキビ対策ではなく、根本的なニキビ対策、ニキビ治療に繋がっていくのです。、