くすみを解消するためにチェックしておきたいポイント

どれだけメイクで工夫しても、顔が疲れて見えたり、全体的に元気がなく、老けた印象になってしまうことはありませんか?
もしかすると、その原因は『肌のくすみ』にあるかもしれません。

血行がよく、潤いとハリがあり、きめの整った明るい肌。これが健康な美しい肌の状態です。

ところが、血行が悪くなったり、潤いが不足し乾燥することによって、本来お肌が持っているはずの透明感やハリ、明るさやみずみずしさが失われた状態、これがいわゆる『くすんだ』状態です。

「肌には、その人の健康状態が表れる」と言いますよね。

つまりわかりやすく言えば、『肌のくすみ』は、健康状態のSOSシグナルでもあるわけです。
そう考えると、「たかがくすみ」と軽視して、そのままにしておくのはちょっと怖いですね。

くすみを解消するために、以下のポイントをチェックして改善していきましょう。

・体の冷えはないか?
・食生活のバランスは整っているか?
・正しくスキンケアできているか?
・ストレスをためていないか?

『体の冷え』は、美容と健康の大敵。

体が冷えると、血液の巡りが悪くなって、細胞に必要な酸素や栄養が十分にいきわたらず、老廃物が滞ってしまいます。

新陳代謝がうまく行われないことにより、肌のターンオーバーが阻害され、古い角質がたまってしまうので、色つやの悪いくすんだ状態になるのです。

体の芯まで温まれるように、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる入浴がおすすめです。浸かっている間、顔をはじめ、首筋やふくらはぎなどのマッサージやつぼ押しをすると、より効果的に血流改善することができます。

次に『食生活のバランス』。糖質や脂質の摂りすぎ、ビタミンやミネラルの不足が続いていませんか?

炭水化物や動物性の脂肪の摂りすぎは、体の中の過酸化物質や老廃物を増やしてしまいます。ビタミンやミネラルが不足してしまうと、過酸化物質や老廃物をうまく代謝できなくなってしまいます。

炭水化物、甘いもの、動物性の脂っこいものは控え、鉄分やビタミンCを十分摂取できるように、食事内容を見直しましょう。
タバコやお酒もお肌の大敵です。完全にやめるのが難しくても、できるだけ控えるようにしましょう。

そして『正しいスキンケア』。洗顔料や石鹸を十分泡立てて、泡で肌をなでるように洗顔したあと、すすぎ残しのないようにぬるま湯で十分洗い流します。

洗顔後はローションパックで十分保湿したあと、必ず乳液やクリームなどで補った潤いを閉じ込めましょう。
洗顔前に、クレンジングをかねたホットオイルマッサージを週に1~2回行うと、くすみだけでなく毛穴の汚れや血行不良の改善にもつながります。

最後に『ストレス』。睡眠不足、仕事や生活上のストレスが続いていませんか?

くすみが気になるときこそ、意識的に十分な睡眠をとり、趣味やリラクゼーションでストレスを上手にコントロールできるように心がけましょう。